トップページ
(負荷軽減のため省略中)


[ 2017年04月19日 - 22:34 ]

【ハインケスバイエルンをいつまでもやたら美化してる】

■ 奴いるけど、あの時のバイエルンほど誰が監督やっても勝てるチームはなかったよな。ペップは勿論、ファンファールとアンチェロッティでも余裕だったはず。一番難しいゲームと思われたバルサ戦も、メッシが4qしかジョグ出来ない状態で(セカンドレグ欠場)まだネイマールもスアレスもいない時代。俺が指揮してても、あの時のバルサなら余裕で勝てるわw

対してファンファールとペップ時代に対戦したバルサはメチャメチャ強かった。全てはタイミングなんだよ。分かったか?程度の低いハインケスバイエルン信者よwハインケスなんて、クロップドルのサッカーをコピーしただけで、おいしいとこ持ってただけの隠居爺なだけじゃねーかwインテルみたい二流クラブじゃないんだから、いつまでも三冠時代を懐かしがっても何の進歩もないぞw



スレッド作成者: あまりにも正論過ぎる (ji37ZDl4ku6)

このトピックへのコメント:
お名前: コメント: ID Key: IDを表示
悪質な誹謗・中傷、読む人を不快にさせるような書き込みなどはご遠慮ください。 不適切と思われる発言を発見した際には削除させていただきます。
(04/20 - 21:45) 確かなわけで
(04/20 - 21:44) ペップ嫌いな人は何とか引き摺り降ろそうと必死だけど、サッカーをよく知るプロの関係者たちほどペップを絶賛してるのは確かなだけで。クライフのサッカーを継承するだけでなくサッキのサッカーのエッセンスも採り入れライカールト時代から大きくバルサを進化させた。ラームを中盤に、アラバをセンターバックに、など発想も常に斬新。シティでも来季は新しい何かを見せてもらいたい
(04/20 - 20:54) あと、ハビマルとシュバイニーのダブボラが嵌りすぎたね。攻守において完璧だった。ピルロ、ビダル、ポグバ、シャビ、イニエスタ、ブスケツを完全に圧倒してた。
(04/20 - 20:17) 今のバイエルンはロッベンもリベリーも守備ではしれない年齢になっちゃったから本格的に世代交代がうまくいかないと、あのレベルのチームにはならんだろうけど。
(04/20 - 20:14) カウンターもポゼッションも高レベルでやれるってのは現代サッカーの教科書的な到達点と言っていい
(04/20 - 20:10) アンチェロッティのマドリーもそれに近かったけど。
(04/20 - 20:09) アンチテーゼというとちょっと違うかもしれないけど、ポゼッションだけを極めるポゼッション至上主義の方向からどんな局面でも対応できなきゃいけないというチームにという感じの意味でね。そういう意味では近年で一番全ての局面での完成度が高いチームだったのは確か。
(04/20 - 19:48) ハインケスバイエルンは、クロップドルのゲーゲンプレスをポゼッションサッカーができるチームがやったらすごいチームになりましたって感じで、全然アンチテーゼじゃない。そもそもCLでバルサに次ぐポゼッション率だったし。
(04/20 - 19:37) ポゼッション信仰へのアンチテーゼではあったけども。
(04/20 - 19:35) サッキミランとかペップのバルサとはまったく異なる類。この2チームは当時の常識を覆して、時代の流れ戦術の発展を進めたから語り継がれて当然。ハインケスのバイエルンは強かったけども新しい何かを提供したわけではない。
(04/20 - 12:04) ペップはこの先ずっと語り継がれると思うよ
(04/20 - 11:30) ↓ペップも名監督として語り継がれることはないと思うぞ。成績残したのバルサ時代の一瞬だけだし。
(04/20 - 11:03) ハインケスバイエルンは語り継がれることは無い
>>22:44 (04/20 - 06:09) 美化じゃなくて明らかにどちらもサッカー史上永遠に語り継がれるチームなんだが
世界のASADA (04/20 - 02:52) 全然違う。あの頃のバイエルンはロベリーが絶頂期。7−0バルサの試合より、ユーベをフルボッコにした試合が印象的だった。怒涛の攻めだったからな
(04/19 - 23:58) あの年はバイエルン以外の強豪が全て過渡期だった運がよかっただけ
今日のオカズ報告 (04/19 - 22:45) 通野未帆「熱帯夜〜通野未帆」116 分  今日もごちそうさまでした。
(04/19 - 22:44) ファンファール
(04/19 - 22:44) サッキミランとかペップバルサ美化してるやつらとおなじだから
(04/19 - 22:40) よかったね