トップページ
(負荷軽減のため省略中)


[ 2017年07月17日 - 11:28 ]

【原口元気、定位置争いに敗れ右サイドバックに転向へ】

■  日本代表MF原口元気が所属するヘルタ・ベルリンは、プレシーズンのミニトーナメント『チューリンガーカップ』に参加し、15日、16日と連戦に臨んだ。

 原口は、15日のロート・ヴァイス・エアフルト(3部)戦で右サイドバックとして前半の45分間プレー。16日のFCカールツァイス・イェーナ(新シーズンから3部)では後半の頭から同様に右サイドバックで45分間プレーした。チームはそれぞれ3−0、2−0と無失点で連勝。慣れない右サイドバックで出場した原口は確実にボールを動かし、守備でもスライディングでボールを奪い返すなど、プレーの幅が広がっている様子を見せた。

 15日の試合後には、マネージャーのミヒャエル・プレーツ氏が原口について言及。地元紙『B.Z.』の日曜版によれば、ベルリン近郊のバート・ザーロウでの合宿では好印象を残したようで、「ゲンキに関しては、(移籍か残留かの)どの方向に進むのか決まっていない。私には、彼が以前に比べるとだいぶスッキリした表情をしていて、機嫌が良さそうに見えるね。交渉をいったん止めて、時間を置いたのが良かったのだと思う」と好意的なコメントを残している。

 わずか10日前の7月6日付のドイツ誌『kicker』の中で同氏は、「移籍が成立しなければ、ゲンキは契約が最後の今年もチームに残る。だが、今はライバルがひしめく厳しい競争状態にあることを感じる必要がある。マシュー・レッキーの契約で、彼の後釜はすでに埋めてある」と厳しい言葉を残しているだけに、地元メディアはこの変化が気になっているようだ。

 新シーズンはヨーロッパリーグとブンデスリーガで二重の負荷がかかるヘルタだが、競争が厳しくなるほどの分厚い陣容にパル・ダルダイ監督は「U−21代表の3人とマルヴィン・プラッテンハルトが加われば、とても戦力が整っていると思う」と満足気だ。原口は仮にヘルタに残ることになれば、厳しい競争の中、さまざまなポジションを経験することになりそうだ。



スレッド作成者: バレンシア (RBkvFWU5.ME)

このトピックへのコメント:
お名前: コメント: ID Key: IDを表示
悪質な誹謗・中傷、読む人を不快にさせるような書き込みなどはご遠慮ください。 不適切と思われる発言を発見した際には削除させていただきます。
(07/17 - 16:23) 真面目にサイドバックでいいな。ドリブルで抜けるしボール奪えるし。
(07/17 - 16:03) ガチニュースじゃねーかよ
(07/17 - 15:31) フェイクニュースを許すな
(07/17 - 15:18) マーケットが閉まるまでには移籍するだろう。セカンド・サードレベルの選手の移籍はこれから。
(07/17 - 13:14) 原口はサイドバック向いてるから良かったじゃん
(07/17 - 13:02) 左ウイングなら武藤か南野に任せよう
(07/17 - 13:01) 代表でもゴリから原口に代えよう
スダ (07/17 - 12:43) この白豚金髪は努力と献身性だけが取り柄なんだから当然の帰結だろ、驚くようなことじゃなく寧ろ遅過ぎる
(07/17 - 12:42) プレミア行くんじゃなかったの?
(07/17 - 11:44) 便利屋
(07/17 - 11:36) W酒井よりサイドバック上手くこなせそう
(07/17 - 11:30) おい…