トップページ
(負荷軽減のため省略中)


[ 2018年01月11日 - 21:51 ]

【ドルトムントの9選手がウイルス性胃腸炎でダウン】

■ 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントはスペインのマルベージャでのキャンプ中、チキンケバブが原因と見られるウイルス性胃腸炎により、選手9人がダウンした。11日、ドイツ『ビルド』が伝えている。

 ダウンした選手は、GKロマン・ビュルキ、GKロマン・バイデンフェラー、DFマルク・バルトラ、MFアンドレ・シュールレ、MFクリスティアン・プリシッチ、DFエメル・トプラク、DFヤコブ・ブルーン・ラーセン、MFヌリ・サヒン、GKドミニク・ライマンの9人だという。

 特にGKは3人全員が被害を受けてしまい、クラブ公式サイトによるとGKコーチであるデ・ベアがGKを務めた。またテストマッチには、リザーブチームのGKアイケ・バンセンやGKヤン・レッカーが急きょ呼び寄せられたという。デ・ベアは「こんな経験は17年間で初めてだ」と認めつつ、フル出場した19歳GKバンセンのパフォーマンスに手応えも掴んでいる。

 症状を訴えたのは8日の月曜日。現在は全員回復傾向にあり、14日の2018年リーグ初戦となるボルフスブルク戦には間に合うとみられている。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?235953-235953-fl

やはりGK3人揃ってってのは痛いね。回復しているようで何より。



スレッド作成者: みら★ねっろ (47VDRz5QlmE)

このトピックへのコメント:
お名前: コメント: ID Key: IDを表示
悪質な誹謗・中傷、読む人を不快にさせるような書き込みなどはご遠慮ください。 不適切と思われる発言を発見した際には削除させていただきます。
(01/12 - 10:48) GKがデ・ヘアに見えた
(01/12 - 10:12) またバルトラ
(01/12 - 06:26) 昨年からいろいろ呪われてますねこのクラブも
(01/12 - 02:17)
(01/12 - 00:12) 原因はちゃんと焼かなかったからか? 無知なので分からん