トップページ
(負荷軽減のため省略中)


[ 2018年04月16日 - 19:15 ]

【財前妄想スレッド】

■ 靭帯断裂なしの財前宣之

1994-1995 ラツィオ(ユース)

1995-1996 ラツィオ

1996-1999 ローマ

1999-2004 ユベントス

2004-2009 バイエルン・ミュンヘン

2009-2010 フランクフルト

2010-2013 ベガルタ仙台

2013-2014 モンテディオ山形


日本代表通算 122試合35得点
W杯出場4度(1998-2010) 通算14試合4得点



スレッド作成者: これくらいはやれた (if2abyshjmw)

このトピックへのコメント:
お名前: コメント: ID Key:
悪質な誹謗・中傷、読む人を不快にさせるような書き込みなどはご遠慮ください。 不適切と思われる発言を発見した際には削除させていただきます。
IPとID Keyから生成した二つのIDが表示されます。
(04/19 - 12:31) 1996年にスペイン1部リーグ、リーガ・エスパニョーラのログロニェスに移籍。監督にもその実力を認められていたが(当時チームは下位に低迷していたが、監督に「うちには財前がいる。彼の怪我が治れば大丈夫」と言わしめていた)、リーグ戦への出場を前にして、靭帯断裂のため帰国を余儀なくされる(もし怪我がなければスペイン1部リーグ初の日本人選手となっていた可能性が高い)。 (7HShhhWTWdU)
(04/19 - 12:30) U17代表コーチの小見によれば、練習の手本は財前が示し、当時のチームメイト・中田英寿はそれを体育座りで真剣に見ていたという。さらに中田は「ザイ(財前)とサッカーをやっているときが一番楽しかった」と発言しており、同じく松田直樹もワールドユース時代「初めにザイに認められるか否かで、代表における立場が決まった」とも語っている。 (7HShhhWTWdU)
(04/19 - 12:30) 2002年FIFAワールドカップでイタリア代表が仙台でキャンプを行い、ベガルタ仙台と練習試合を行った際、ネスタ自ら財前に握手を求めに行った。ちなみに財前は怪我のため、この練習試合には出場していなかった。 (7HShhhWTWdU)
(04/19 - 12:30) 1996年に短期留学していたSSラツィオ時代には元イタリア代表のアレッサンドロ・ネスタが在籍しており、練習中、財前は当時すでにラツィオのレギュラーで、イタリア代表としてもEURO96のメンバーに選ばれていたネスタにほとんどボールを触らせず、他のラツィオ選手たちの度胆を抜いた。 (7HShhhWTWdU)
(04/17 - 01:23) ラツィオからローマかよ (TFuWv0V/lzM)
(04/17 - 00:51) 玉乃も財前もフィジカルがプロレベルじゃなかったからJ2で終わった。今活躍してる中島とかはチビだけどガチムチだからな。そこが違う。 (BiLMBVIO9Fc)
(04/16 - 22:34) 五郎じゃねーのかよ (RPhGa/YJeNA)
(04/16 - 19:50) ログロニェスだった (B8zJQBXiD72)
(04/16 - 19:45) リーガのログニュロス クロアチアのリエカで通用しなかった時点で仙台レベル (B8zJQBXiD72)