トップページ
 レミ・カベラ
Rémy Cabella

基本データ
名前:Rémy Cabella
国籍: フランス
ポジション:MF
身長・体重:171 cm / 68 kg
生年月日:1990年3月8日 (29歳)
所属:サンテティエンヌ(フランス)
背番号:7
※複数国籍保有の場合その一つを表示

経歴
シーズンチームリーグ試合得点 
2009-10モンペリエリーグアン00詳細
2010-11アルルリーグアン173詳細
2011-12モンペリエリーグアン294詳細
2012-13モンペリエリーグアン317詳細
2013-14モンペリエリーグアン3715詳細
2014-15ニューカッスルプレミアリーグ311詳細
2015-16オリンピック・マルセイユリーグアン345詳細
2016-17オリンピック・マルセイユリーグアン292詳細
2017-18オリンピック・マルセイユリーグアン31詳細
サンテティエンヌリーグアン267詳細
2018-19サンテティエンヌリーグアン348詳細

2018-19 リーグアン出場記録(サンテティエンヌ)
試合出場得点カード結果
第1節 8月11日 vs ギャンガン(H)不出場 ○2-1
第2節 8月19日 vs ストラスブール(A)フル出場 △1-1
第3節 8月25日 vs モンペリエ(A)スタメン(86分交代) △0-0
第4節 9月2日 vs アミアン(H)フル出場 △0-0
第5節 9月14日 vs パリ・サンジェルマン(A)不出場 ●0-4
第6節 9月22日 vs カーン(H)フル出場 ○2-1
第7節 9月25日 vs トゥールーズ(A)フル出場ゴール ○3-2
第8節 9月28日 vs モナコ(H)フル出場 ○2-0
第9節 10月6日 vs リール(A)フル出場PK ●1-3
第10節 10月21日 vs レンヌ(H)フル出場 △1-1
第11節 10月26日 vs ニーム(A)フル出場ゴール △1-1
第12節 11月4日 vs アンジェ(H)フル出場 ○4-3
第13節 11月10日 vs スタッド・ランス(H)フル出場 ○2-0
第14節 11月23日 vs オリンピック・リヨン(A)フル出場 ●0-1
第15節 11月30日 vs ナント(H)フル出場 ○3-0
第16節 12月5日 vs ボルドー(A)フル出場 ●2-3
第18節 12月16日 vs ニース(A)不出場 △1-1
第19節 12月22日 vs ディジョン(H)フル出場 ○3-0
第20節 1月12日 vs ギャンガン(A)フル出場 ○1-0
第17節 1月16日 vs オリンピック・マルセイユ(H)フル出場 ○2-1
第21節 1月20日 vs オリンピック・リヨン(H)フル出場 ●1-2
第22節 1月30日 vs ナント(A)フル出場ゴール △1-1
第24節 2月10日 vs レンヌ(A)フル出場 ●0-3
第23節 2月13日 vs ストラスブール(H)スタメン(62分交代) ○2-1
第25節 2月17日 vs パリ・サンジェルマン(H)フル出場 ●0-1
第26節 2月22日 vs ディジョン(A)フル出場 ○1-0
第27節 3月3日 vs オリンピック・マルセイユ(A)フル出場 ●0-2
第28節 3月10日 vs リール(H)フル出場 ●0-1
第29節 3月16日 vs カーン(A)フル出場 ○5-0
第30節 4月1日 vs ニーム(H)フル出場ゴール ○2-1
第31節 4月6日 vs アミアン(A)フル出場ゴール △2-2
第32節 4月14日 vs ボルドー(H)フル出場 ○3-0
第33節 4月21日 vs スタッド・ランス(A)フル出場ゴール ○2-0
第34節 4月28日 vs トゥールーズ(H)フル出場 ○2-0
第35節 5月5日 vs モナコ(A)フル出場ゴール ○3-2
第36節 5月10日 vs モンペリエ(H)スタメン(62分退場)■■ ●0-1
第37節 5月18日 vs ニース(H)不出場 ○3-0
第38節 5月25日 vs アンジェ(A)フル出場 △1-1
合計34試合出場(3000分間)  8 ゴール(1PK)
出場試合勝率 50.0% (チーム平均:50.0%)
先発試合勝率 50.0% (チーム平均:50.0%)
出場試合平均勝ち点 1.74 (チーム平均:1.74)
先発試合平均勝ち点 1.74 (チーム平均:1.74)


データは最新のものではない可能性があります。更新・修正を要請→



このトピックへのコメント:
お名前: コメント: ID Key: IDを表示
悪質な誹謗・中傷、読む人を不快にさせるような書き込みなどはご遠慮ください。 不適切と思われる発言を発見した際には削除させていただきます。
(04/05 - 10:42) ジョン・カベラ